タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

指を切って身の程を知れ

今日仕事中に指を切ってしまった

 

 

 

包丁で…

 

 

 

結構深くやってしまったので皆に心配されたのだが

幸い皮膚はくっついているので

正しい処置をして回復するのを待つのみだ

 

 

ネットで調べたら"湿潤療法"がいいらしいということも聞いたので

その方法で治療を行っている病院を探して受診するつもり

 

労災の申請を忘れずにしなきゃな

 

 

経験がある方はおわかりかと思うが、

切った直後はネガティブな気分になってしまった

 

自分の不注意さを嘆いたし

焦ってたのもいけなかっただろう

その前に「あれやらなきゃ」とか「これやらなきゃ」とか

いろんな心配事があったのも事実だ

 

その前になんとなくお腹が痛くて

出金直後にはいつもはあまり行かないトイレにも行ったし

精神的にも身体的にも非常に不安定な状態だったと思う

 

 

そしてバイト先のプレッシャーを感じさせるようなやり方も原因だと思う

切りにくいものを切るということはそれだけで怪我のリスクを高めているのに

速さを優先させるようなやり方だ

そもそも無茶な仕事量を要求されているのに

それで何もなければ良いのだが

時間までに終わらなければ責められることすらある

 

 

それに加えて年末年始の連勤がだいぶ身体に来ていたのだろう

その日は連勤後の連休からの仕事だったが

今日も成人の日で忙しくなるんだろうな…と思って軽く沈んでいたかもしれない

 

 

指を切って僕はその後

仕事をしながら一日考えた

 

 

そして達した結論は…

 

 

「命じゃなくて、指でよかった」

 

 

ということ

 

 

まぁ包丁を使ってても

十分に気をつけていていれば

命を落としたり大きな事故に繋がったりする可能性は低い

 

 

でも指を切ってなくても別のところで

何か別の事故を起こしていた可能性もある

 

 

交通事故とかね…

 

 

 

自分の身体を十分に労らなかったから

それが形となって現れてしまった

 

 

それがたまたま指だっただけのこと

 

 

 

この出来事は今の自分に対しての警告と受け取ることにした

 

 

 

今後はどうすればいいか…

 

 

 

今年春までに職を変えようと思う

 

 

仮に給料が下がったとしても

せめてもっと身体的精神的なリスクの低い仕事に就く

 

 

自分のミスとはいえこんな痛い思いをして

本来ならばしなくてもいいことをしなきゃいけない理由なんて

どこにもないはずだ

 

 

自分にとって何が大切なのか?

それだけを考えていれば

自分が本来あるべき姿に近づけることはできる

 

 

全ては自分が引き寄せたことだし

これから何が引き寄せられるのかも

これからの行動次第で変わっていく

 

 

左指の人差し指に刻まれた

痛々しい傷口を見つめながら

そう未来の自分に誓ったのだった

 

写真は2013年 宮古島A&Wにて

 

1日も早く元気な指に戻れることを願って

 

 

 

 

ゆた