タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

時は金ではないなりよ

先日BOOK OFFに寄ったところ、この本が目に止まった。

 

 

f:id:tajimanimation:20160210230830j:plain

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

 

 

「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」

 

「時間は命の断片だ。」

 

 いやーコピーってやっぱり大事なんだなぁ。

 

一瞬で惹きつけられて、なおかつ価格も安かったし衝動買いに至ってしまった。

自分に言われているような、訴えかけるような言葉の投げかけ方で人を行動に行着かせてしまう…まさにマジックだ。

 

表紙もビジネス書っぽくないスタイリッシュな感じがいい。

ジャンル関係なく、デザインってやっぱり大事だよね。

 

 

さて、肝心の本の内容だけど、文章はさすがに時間を大切にしている著者ということもあり、全体的に短くリズム感があってとても読みやすかった。

 

読み手を必要以上に立てるようなこともせず、皮肉まじりなところもいい。

それを苦手とする人もいるみたいだけど、僕はちょっと極端な書き方をする変わった作家が好きだからこれくらいでむしろちょうどいい。

 

実際人間的に合うかどうかはまた別として。

 

 

この本のテーマは「時間」。

 

時間は確かに大事だ。

 

でもこの著者の考えからすると、「タイム=マネー」というよりはむしろ「タイム>マネー」と思われるくらいに、時間の重要性を説いている。

 

 

確かに、ついつい人は金額的なものに囚われて、「元を取ろう!」なんていう考えをしてしまいがち。

それで自分の心と反したことをして、無理をしてしまう場合すらある。

でも、それだとむしろ自分のストレスを溜めてなおかつ時間を消費しているのだから、それって一番もったいないことなのかもしれない。

 

 

今までの自分の人生を振り返ってみて、僕は自分の時間や気持ちを何よりも大切にしていたのだろうか…。

 

いや、できていないな。

 

嫌々ながら仕事や自分の役割を行うことも多かったし。

 

疑問を覚えてもなかなか人に言えない性格でもあったし、なかなか自分の本心を言うことができなかったし、気楽に生きるということがまずできない。

 

不特定多数の人々といると、常に緊張することが多かった。

だから、一人でいたがるというのもある。

 

 

今まではその心の虚しさや寂しさを紛らわすために、飲み会や交流会などにも無理してでも参加していた。

でも、そんな時間を過ごすくらいだったら、その時間を自分を高めたり、新しいものを生み出すのに使った方が良いのかもしれないと思うようになったし、その方が心が充実するのではと思うようになった。

 

 

だから今は仕事以外は若干家に引きこもりがちで、自分のやりたいことをやっている。

もちろん、面白そうなイベントや集まりがあったら行くんだけど、

それも本当に行く意味があるのかどうか見極めてから行くことにしてる。

 

 

物欲もかつては今より強くてコレクター気質なところもあり、自分の欲しいものを買うなどして気持ちを紛らわせていたが、

そんな自分にとって本当に存在価値があるのかどうか不明な置物にお金を使うくらいだったら、自分自身に対してお金を使いたいと思うようになった。

 

 

また、自分の食生活を見直してみたことで、市販のお菓子やパンなど本来ならば摂取する必要のないものもほとんど食べなくなった。

食生活を変えることで、体も健康になり、医療費や薬代にもあまりお金を使わなくなった。

 

 

交際費に使ってたお金

コレクションに使ってたお金

嗜好品としての食費に使っていたお金

医療費に使っていたお金

 

 

そうやって浮いた分を自分の外見や体の健康、本や体験価値など「自己投資」になるようなお金と時間に回すようになったし、今後も本当の意味で自分のためになるような使い方をしていこうと思った。

 

 

時間だって同じ。

 

 

過去や未来は関係なく、

 

「今の自分にとって本当にやりたいことなのか」

「今の自分にとって本当に必要なことなのか」

 

それを見極めて、取捨選択していくのが良いのだろう。

 

 

大切なのは我慢ではなくて、瞬発力。

 

 

お金ももちろん大事だけど、それよりももっともっと優先すべきは

自分自身の気持ちと時間

 

人間関係もなんでもそうだけど、物事はそんなに難しく考えなくていい

 

 

自分が違うと思ったら、大概違うんだ。

それで選択したことに、正しいも間違いもない。

嫌だと思ったら離れていい。

 

 

大切なのは、出した金額の大きさではなく、直感…あなたの心の振り幅の大きさだ。

 

 

お金にばかり固執するのではなく、

より自分がワクワクすることをするように心がけよう。

 

 

 

ゆた