タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

Macやノートの掃除をしながら震災時に自分が生きていけるか考えた

今日はひたすらPCのお掃除をした

 

使わないファイルなどを外付けHDDへ移動する作業

 

特に僕は学生時代に動画や絵も描いてたから、そういう過去の重いデータはどんどん移行した

 

使わないものは手元に置いておく必要はないので

 

 

その作業は地道で時間がかかったけど、ただひたすらやっていった

 

 

そしたらサクサク動くようになったよ

このブログも文章が打てるようになってとても気持ちがいい

 

 

僕はMacなんだけど、参考にしたページを貼っておきます

 

gori.me

 

このページだけじゃなくて、他にメンテナンスに関係する記事も参考になった

 

 

あとは過去にセミナーや授業などで取ったノートやメモ帳を捨てるために、

大切なところや使えそうな部分をevernoteにまとめる作業をやっていた

 

これも時間がかかりそうだから今日できる分だけを決めて少しずつやることにする

 

 

過去のメモ帳をまとめることで、過去の自分が考えていたことや、今の自分にどう生かせるかということがわかってくるからいいね

 

置きっぱなしにしてたらゴミでしかないしな

そして、ゴミを自分の栄養に変えるかどうかも、結局は自分次第なんだよな

 

 

 

そして、今日は3月11日でもありますね

 

 

 

このMacをメンテナンスしたりゴミ箱に移したりする作業や

メモ帳を今の自分が効果的に使えるようにアップデートする作業

 

 

 

これって自分自身にも当てはまるなぁって思った

 

 

 

震災が起こったときって何もかも流されて、

また、その影響で生活に必要なものが足らなくなったり、

あちらこちらから情報が錯乱して混乱状態にあったと思う

 

 

そんな中で自分がいかに最善の行動をとれるのか

 

 

それはやはり日頃からの備えが大切だと思った

 

 

防災セットなどのただ物質的なものだけじゃなくて、

そのようなことが起きた場合に、

自分自身がいかに生き抜いていけるのか

命を脅かす危機から脱出することができるのか

 

 

いくら自分が手元に置いておきたいものがあっても、

それを守るために自分や大切な人やペットが死ぬことがあってはならない

 

物が自分の動きを制限したり、避難経路を遮ることがあっては絶対にならないのだ

 

物は燃やされて流されてしまったらそれで終わりなのだから

永久的なものではなくて、消耗品だと割り切らないといけない

 

たとえ今の生活を豊かにしてくれるものであっても、「その時」が来た時は捨て去る覚悟をしないといけない

 

だから、身近には本当に大切なものと、生きるために必要なものがあれば本当は十分なのだ

 

 

それよりも、いつ何が起きるかわからないその時のために、

自分のコンディションを整えておくほうがよっぽど大切

 

 

あとは、自分の動きを遮らないように、物も必要最低限のものにまとめておくか、

不要なものは捨てるか、より使いやすい良いものに変えるなどする

 

いくら大切なものでも、いざという時には捨てられる覚悟をするか、

災害時に持ちだせるものも限られたものにしておく

 

 

 

確かに過去は大切だ

 

 

自分が買ったもの

人からもらったもの

思い出の品

 

 

今の自分を形成してくれたものに違いはない

 

 

しかし、もし全て失うことがあったらその時は、物質としての過去は捨てる覚悟をしないといけない

物は手放して前を向くしかなくなる

 

 

自分を含め命ある者達の方がよっぽど大切なのだから

 

 

それこそ災害時には今その"瞬間"の自分を生きていかないといけないのだ

 

 

震災時も、そんな悲惨とは一言では言い尽くせないような状況の中で、

生き延びてきた東北の人達は本当にたくましいと思った

 

 

自分がそのようなことに遭ったら生きていけるか自信がないし、

やはりなんだかんだ言って物に固執してしまうかもしれないし、

亡くなった家族や知人を思い出して悲しみに暮れてしまうかもしれない

 

 

そうなったらそうなったで仕方がないことだが、いつかは立ち直らないといけない

 

 

しかし、何を失っても自分自身は常に前を向いて目の前の人を勇気付けることができるか…

 

そんなことができる人間になるために、常に自分をアップデート(成長)させる必要がある

 

 

心も体も常に健康であるようにメンテナンスして、

頭の中にあるものも今自分が必要な情報だけをまとめて、

必要な知識も常に吸収して、どこかで形にしておく

 

 

ただ、未来に向けて動いていくために、物資としての過去を捨て去っても、

自分の中の過去は捨てなくちゃいけないということはない

 

過去の出来事を今生きるためのバネや知恵にしていくこともあると思うから

 

 

だから僕は黙祷もあえてしません

 

 

この日だからするというのではなく、しなきゃいけないという決まりもない

 

 

ただ、そういう現実があったのだと常に自分の片隅に置いておいて、

必要な時に取り出して嚙みしめる

 

 

新しいものを生み出すために、その過去に起きた事実を取り出すこと

 

 

その必要な時というのは何も3.11の時とは限らない

ふと自分がその時を思い出したとき、

自分が目の当たりにしないといけなくなった時

 

それでいいのではないでしょうか

 

 

誰に言われるでもなく、誰に決められるではなく、

自分でそのような気持ちになった時でいいと思う

 

 

そして常に過去を悔やんであれこれ思い悩むより、二度と同じことを繰り返さないようにする

 

その二度と同じことを繰り返さないように、常に自分や身の回りを良い状態にしておくこと

 

それが、世界に対しても自分自身に対しても、有益で前向きな生き方になるのだと思います

 

 

思ったことをそのまま打ったので、読みづらい文章ですみませんでした

 

 

それでも皆が優しく力強く生きていけるように、

絶望の中でも光を見出せるように、

言葉を発していけたらと思います

 

f:id:tajimanimation:20160311195701j:plain

 

 

ゆた