読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

ブログや仕事をする最大の理由は、「自分の生活のため」

今日はカフェで買っておいて読んでいなかった音楽雑誌を読んだ

 

 

 

MASSIVE(vol.14)

 

大好きなlynch.の皆さんが表紙の時のだ

 

 

 

DIR EN GREYのライブレポ&Toshiyaさんインタもあるしsukekiyo(京さん)のインタビューもあるし、BABYMETALのライブレポもあって盛り沢山だった

 

 

lynch.さん目当てで買ったのもあって、

lynch.のインタビューもメンバーの考えやバンドの核となる部分が感じられてとても面白かったのだけど、

これはまた別の機会に感想を書こうかな

 

 

個人的にはこの回の中でMERRYガラさんのインタビューが一番印象的だった

 

 

 

自身も入院したこともあって、たくさん苦労したと思っていたけど、

後にそれが中途半端で、それが自身のバンドに現れていたこと

 

また、執筆活動をした後に、今まで自分が人のせいにしていたこと

 

テツさんというベーシストが抜けたことで、今まで当たり前だったことがそうではないことに気づいてとても感謝できるようになったそうで、

 

様々な気づきがあったのだとか

 

そして言葉の一つ一つに力強さというか、魂が込められているように思えた

 

 

 

また、 「音楽は生活のため」ってハッキリ言っているところも良かった

 

 

 

元々思ったことをはっきり言う方だと認識していたけど、

一般的な感覚では言い難いことを、こうやってストレートに言ってくれたものだから、

読んでいてとても気持ちが良かった

 

 

 

かなり言葉悪いけど、僕も面接などで

 

「この企業に入って、企業のために人々のために世の中のためにこういうことしたいです!」

 

…っていうのがもの凄く馬鹿馬鹿しいと感じているところもある

 

 

僕は嘘をつけない人間だから自身のエピソードのでっち上げもできないし、

質問に対する答えに困ってそれが原因か何社か落ちてるんだけど、

そこまでして、そして思ってもいないことを言ってまで受かりたいとも思わないのね

 

 

で、皆誰かのためにお仕事をしたり、ボランティア活動したり、趣味などをしたりということもあると思うけど、

それって「結局は自分のため」にやってることなんだし

 

面接なんかで自分をアピールする時に、なぜそこまでして人に媚びる必要あるのかって思っちゃう

 

 

そこを割り切れないから不器用で迎合できない人間なんだろうけど

 

 

 

ただ、仕事をしていく上で、お客様でも上司や部下でも同僚でも誰でも、

目の前の人々に対して、こうしたいとか何ができるかとか思えるようになれば

それは誰かのために何かをしたってことに繋がるよね

 

 

今の日本だと金にあまり執着していない方がかっこいい、無償の人助けみたいな風潮が良しとされているけど、それは良くない

 

 

実際、自分の生活のために、お金は稼がないといけない

 

 

そういう基盤があって初めてその延長線上として、

自分のサービスを本当に必要としている人のために、

より質の高いものをたくさん提供できるようになるために、

 

 

もっとお金を稼がなきゃ、お金をもらわなきゃと思うのは当たり前のこと

 

 

自分のためだから、それが原動力となって人のためになるんだ

 

 

 

 

エゴを嫌ってはいけない

 

 

エゴは「もっともっと」という向上心も含んでいるから自分を成長させるし、

 

結局は人々を救うものになるんだから

 

 

 

だから僕もハッキリ言うわ

 

 

 

 

このブログだって他でもない、自分のためにやっている

 

 

 

自分の生活のためだ

 

 

 

自身を売り込んで、将来的に有名になって作品を提供したい

 

その先の夢として、人々が気づいていない、深層で求めている作品を提供して

皆の心を動かして世の中がもっと豊かになればなんて思ってるくらいだ

 

 

でもその辺はぼんやりと思っていることに過ぎない

 

 

今目の前に現実問題としてあるのは、

 

「自分の生活」「お金」

 

これだけは常にハッキリと自分の前に立ちはだかっている

 

それは事実なのだ

 

 

 

それをどうするかが問題

 

 

 

自分のしていることが誰かのためになるならば、

自分の活動がより意味を成してくるというか、

気持ち的にもモチベーションが上がることは事実

 

 

 

「自分の生活のため」

 

 

 

冷たい言葉に聞こえるけど、それは結果的に愛情深い行為に繋がる

 

 

有名人でも一般人でもいいから、

そういうことをハッキリ明言する人が増えていけばお金に対する悪い感情がなくなるのにね

 

 

ガラさんありがとう

 

 

また、2016年2月7日 六本木EX THEATERでのライブ

NOnsenSe MARkeT-最終階-にも行ったけど、とても良かった

 

f:id:tajimanimation:20160303220630j:plain

 

楽曲も音が良かったのはもちろん、終始ノリノリだったし、

メンバー同士の絆が感じられたな

 

 

あの後もニコ生ライブ生中継のTSを見返しながら余韻に浸ってた

 

 

テツさんもいる状態で5人でのライブが観れて良かった

最後テツさんも涙声で「MERRYはもっとやれるよ!」と言ってたしね

 

でも確かな生身の言葉として受け取った

 

 

そんなライブは、当たり前のことが当たり前じゃないんだって思えた、貴重な時間だった

 

開演前のSEは神社で聞こえる和楽器の音が流れていて雰囲気が良かったし、 ステージには大きな鳥居があったのが印象的だった

 

 

そうやって苦悩や試練を乗り越えて、MERRYがもっともっと大きなバンドになって

たくさんの人に音楽とメッセージを届けられるように、僕も祈願しています

 

 

f:id:tajimanimation:20160303221733j:plain

 

 

ゆた