読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

目をむくべきは「正解」ではなく「我が向かうべき場所」

生き方

この世界に正解はない

 

 

僕はどうも人と違う意見を持つ傾向にあるので

過去にそれで非難されることも多々あった

 

 

周りに味方がいないこともあり、

そのくせ自分で抱え込む傾向にあるため

病んでしまうこともたびたびあった

 

 

 

その結果人から嫌われないようにするために

流されやすいというか

意見をコロコロ変える傾向にあったと思うし

今もなかなかそれが抜けないでいる

 

 

もちろん本気になったら梃子でも動かないくらい頑固一徹だけど

 

 

誰かの意見や感想を聞く度に

やっぱり自分はおかしいのかなってよく思っていたから

 

 

自分の考えに自信がないのだ

 

 

それにどんな人の考えを聞いても妙に納得してしまうことも多いのだ

 

 

でも誰かの「正義」や「正解」に自分を合わせる必要なんてない

 

 

例え人からおかしいって思われても

それはただ人と見ている部分が違うだけであって

そのおかしさが物事の核心をついている場合だってあるのだ

 

 

僕は誰かに嫌われたくない

誰かを傷つけたくない

 

そう思うばかり、無難な発言ばかりしていたけど

ブログでこうやって毒を撒き散らしつつ

自分の意見を書けるようになったのは

そんなかつての自分からの脱却もできているのだろう

 

誰かに嫌われないとか、傷つけないとか

そんなことは絶対に無理だということに気づいたからだ

 

 

それこそ中学や高校の頃は

生きる意味だとか自分の存在の意義だとか

世の中のくだらない価値観の押し付けとか

そういうのを自分のノートに書き殴っていたような人間だったから

それがブログになっただけの話だ

 

 

世の中には戦争が尽きない

身の回りでも些細な意見の食い違いで

喧嘩が起こることだってあるだろう

 

 

そんなのでいちいち争っていたって仕方がない

 

たとえ誰かが自分のことをギャーギャー罵ろうとも

自分は自分の行くべき方向を向いて

自分がするべきことをやっていけばいい

 

 

ただそれだけだ

 

 

 

ゆた