読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

リボ払いって本当に怖いのか?

お金

この1週間くらい更新してなかった。

 

それはね!!!!

 

本土に行ってセミナーに参加したりライブに行ったり

そのあと沖縄に帰ってからも本やネットでお金の勉強をしてたからだよ!!

 

とはいってもただ疲れてただけなんだけどね!!

 

 

その話はまた休みの日にゆっくり書くとして、

今日は最近考えてたことについて書くとしよう。

 

 

それは、カード支払いのリボ払いのことだ。

CMでウリボーが出てるアレね。

(最近テレビ見てないからよくわからんけど)

 

 

ウリボー可愛さに飛びつきたくもなるが

闇雲に利用すると絶対痛い目に遭うし、

僕的には同じ動物ならキツネだったら絶対興味持ってたと思うけど、

逆に考えればキツネじゃなくて良かったかもしれない。

(まぁそんなのはどうでもいい)

 

 

どうも利率が高くて借金が雪だるま式に増えていくというので

リボ払いの悪名高さはわかっていたし、

「リボ払いは絶対にしない!」と心に決めていた。

実際カード会社から勧誘の電話が来て

「あ、そういうのは興味ないので、失礼します。」

と言い放って電話を切ったこともある。

 

 

そんな僕が、「リボ払いを使ってみるのもアリ」と考えるようになったのだ。

 

 

リボ払いは「毎月支払い額が一定!」ということで謳われているけど、

確かに利率が15%と高いので、月々の支払額が低い設定でその通りに実行してしまえば

最終的には手数料がとんでもなく高い金額になってしまう。

 

そうなったらカード会社の思う壺だ。

 

気がつくと元金の支払はすべて終わってるはずなのに、

利息にお金をかけてしまっている

返済が終わらない…

…という状態になってしまうのだろう。

 

しかも計算も面倒くさそうだしね…。

 

 

だから絶対に使わないと決めていた。

 

 

でもリボ払いは賢く使えばむしろ高還元率のカードになるし、

抗弁権の接続が利用できる。

これ↑はわかりやすく言えば購入した商品の補償サービスだね。

もちろんこのサービスは一括支払いでは利用できない制度だから

手数料がかからないとはいえ一概に一括がお得とも言えない気がするんだよね。

 

それならばリボ払いで手数料が極力少なくなるように計算して、

その購入した商品に対する万が一の場合の保険料だと思って

恩恵を受けるって考え方もアリだと思う。

ポイント(マイル)に対する投資っていう考えもアリ。

 

note.chiebukuro.yahoo.co.jp

これはすごくわかりやすいまとめだった。

確かに10回払いと20回払い、

分割払いと、リボ払い、

それぞれにメリットデメリットあるからどれがお得なんて一概には言えない。

 

分割だと支払額が支払い回数を決めた時点で決められてしまうし、

あとは残金の一括返済しかなくなる。

その点リボ払いは自分の経済状況で支払いを自由に決められるのは便利だなと。

まぁ分割払いは分割払いでわかりやすいではあるけど、

仮に月々いろんなものに分割を組んでる人にとっては

金銭感覚が麻痺してることに変わりはないわけだし

かえってわかりにくくなってしまうのではないだろうか。

それだったらリボのほうが借金の総額がわかってわかりやすいということもある。

 

 

ただ、キャッシングにしろリボ払いにしろ分割払いやローンにしろ

基本的には

 

「早く返すようにする」

 

これに尽きない。

 

なので月々の利用額がわかったら支払額を上げるなりして

残金を早く減らすようにするのが良さそうだ。

 

 

よくリボ払いの説明される時に

「分割払い」や「一括払い」と比較されて

悪く言われることが多いけど、

物事を比較するには「条件」や「状況」など加味した上で考えるべきであって

ただ一方的な、どちらかが優位な視点で比較して

どちらか一方を

「これはダメだ!」「悪だ!」と決めつけるのは良くない。

 

 

そうやってフェアな視点を身に着けていって

うまく活用すれば

一見敵だと思えるようなものが

自分にとって味方になってくれることもあるはずだ。

 

 

リボ払いもうまく使えばポイントも増えるし、

カード会社の特典を使って手数料を最小限に減らすこともできるし、

利用額に合わせて自由な使い方ができるし、

商品の補償制度もあるから、

考え方によっては分割よりだいぶお得かもしれない。

 

元々僕は現金主義でネットや大きい買い物のみカードを使ってたけど、

マイルを貯めるために普段の支払いもカードが主になる予定だ。

リボ払いの上手な使い方についてもっと知りたいけど

それに関する本があまり出てないのが残念。

 

 

だったら自分自身で一番良い使い方をして実践するしかない!!!!

 

 

というわけで、ちょっと怖いけど、最近使っているANA VISA SUICAカードを

再来月支払い分からマイ・ペイすリボ設定にしてみた。

 

 

だって年会費割引される上にカード還元率が1%→1.3%になるんだぜ…?

その0.3%のためにリボ払いにするのもどうかと思う人もいるだろうが、

年間100万使ったら10000マイルが13000マイルになるのだ。

 

 

さらに、僕自身マイルはポイントではなく、通貨という考えだ。

マイルの価値は1マイル=2円だけど、マイルは使い方によってさらに価値を高めることができるものなのだ。

マイルのためだと考えればそれは月数百円程度の最小限の手数料は立派な投資行為でもある。

投資は全く自分が損せずにできることじゃないからね。

 

そのように利用金額に合わせて支払い金額を変更するなどしていけば

多少手間はかかってもだいぶお得になる気がする。

 

kowagari.hateblo.jp

カードの種類は違うけど同じANAカードなので↑こちらのサイトは参考になるかと思う。

こちらに増額する方法も載っているけど、

リボ払いの場合毎月の支払額は「一定」ではなく「増額するもの」と思ったほうがいいはず。

 

 

あと、これはカードだけじゃなくて保険とか他の金融商品にも言えることだけど、

お金に関することは面倒でも自分で計算しないとね。

 

 

 

てなわけで新しい世界が開けた。

ちょっと怖いけどわくわく。

 

 

 

 

ゆた