読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

生まれて初めて「おなべ」って言われたよ

f:id:tajimanimation:20160907203629j:plain

 

 

「おなべ?」

 

ある日、突然言われたことだ。

 

 

嫌な気持ちにはなったものの

隠しても仕方がないし

 

「…そうです。」

 

と答えた。

 

 

「うん。大丈夫だよ。」

 

と言ってくれた。

 

 

続けてその人は

 

「やっぱり水商売やってるの?」

 

 とも聞いてきた。

 

 

 

もちろん否定したよ(笑)

 

 

うーん…もともとオカマもオナベも蔑称的な意味合いで使われるていうことは

以前から知っていたけどさぁ

 

 

 

実際言われると物凄くショックだね。

 

 

 

 

性同一性障害=オカマ、オナベ、二丁目、皆夜の仕事やってる

みたいなイメージを持ってる人もいるんだって。

 

もちろんその人からして夜の仕事にしろおなべにしろ

悪気があって言ったわけではないのもよくわかってる。

 

 

純粋だからこそなおさら

世間が僕らに対して抱いている正直な印象なんだなって

突きつけられた気分だ。

 

 

メディアが作り上げてきた罪は重いな…

 

 

もちろん水商売をやっている方のことは1つの生き方として尊敬する。

でもGIDの人が皆そのような仕事をしているとは限らないし

実際問題向き不向きがあるだろう。

 

GIDの人だっていろいろな人がいる。

普通にノンケと同じように生きている人がほとんどなのだ。

 

僕の周りのFTMは会社員の方が多いし

最近ではMTFやFTX、MTXなどの学生さんもよく見かけるし

皆普通に自分が思い描いている生き方をしたいと思っているわけだし

もちろんその夢のなかに、

二丁目などで水商売することを含んでいるとも限らないのだ。

 

そもそも僕みたいにぼっちでコミュ症なFTM

水商売のような厳しい世界の接客業なんて絶対やりたくないわけだし。

 

 

それでも今ほどLGBTが主流じゃない昔は

「夜の仕事しないといけないのかなぁ…やだなぁ…」

なんて勝手に思っていたわけだ。

 

オッパイをとったカレシ。 (デザートコミックス)

 

ただオッパイをとった彼氏の主人公も二丁目で働いてるし

その道を通る人(もしくは通らざるを得なかった人)は多いのかな?

 

 

でも今まではテレビで一方的に取り上げられてきたことが、

今はネットでいろんな人の生き方を見られるようになった

個人がメディアを持つのが当たり前になってきた。

 

今は個人が生き方を体現する時代なんだと思う。

 

 

だから「こういう生き方もあるんだよ!」て

たくさんのLGBTが自分自身を表現することで

そういう偏見もなくなってくるんじゃないかなって思う。

 

 

おなべだろうがおかまだろうかホモとかレズとか

そういう言葉を言いたい奴には勝手に言わせておけばいい。

 

 

僕はなんにもそんな言葉で例えさせないほどに

自分の生き方やあり方を貫けるような人間になりたい。

 

 

僕個人としては女王蜂のアヴちゃんのような存在はすごく理想だ。

 

 

 

彼女もまた新しい「性のあり方」を身をもって体現している人物だと思うしね!

 

 

 

 

「男だからこう」とか「女だからこう」とか

 

固有のジェンダー論にもなんにも当てはまらない存在に

 

私はなりたい

 

 

 

ゆた