タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

自分の身体変化を仲間と共有できる喜び

昨日は久しぶりにGIDの人達に会った

 

 

ホルモン注射打ってから初めて会うことになるので、

会話は当然ホルモン注射を打ち始めたことがネタになる

 

 

僕がホル注やることを意外に思っていた人も多かったのにびっくり

 

 

 

僕一応FTMのTS(トランスセクシュアル)ですよー

 

 

TG(トランスジェンダー)が自身の希望の性別で生きられれば、性別適合手術はやらなくていいと思っている人間なのに対して、

TSは身体の工事までやらないと部類の人間

 

戸籍まで変更しちゃう人もいる

 

僕も将来的にはその予定かな

 

 

見た目的にはFTXに見えるし、まぁ正直"男"になることにそこまでこだわりはない

 

 

僕は僕だから

 

 

でも身体は男になりたいというか、戻りたい

 

 

男にも女にも中性的な人がいるのと同じように、

一見中性的な人間が自然とホルモン注射や手術をすることに意味があると思っているから

 

いずれはパスできるようになりたいとは思うけどね

 

 

 

そこで、先輩から

「ホルモン注射を打ってまず何が変わった?」って聞かれて

 

僕「声が低くなってないです?」

 

先輩「あー確かにちょっと低くなったねぇー

 

 

↓僕の心の声

 

(あ…あれ…思った以上に反応薄いな…

 

結構低くなったと思うんだけど、5本くらいだとまだまだこの程度なのかな…

 

でもよかった…声だけ異常に低くなったわけじゃないんだ…

 

逆に安心した)

 

 

そう思っていた矢先…このようなことを聞かれた

 

 

f:id:tajimanimation:20160403222402j:plain

 

 

そこかよって(笑)

 

先輩「でも一番大事なことだよなー」って

 

確かに!

一番目に見えて変化が実感出来る部分だからな!

 

誰もがびっくりすることなんだね!

 

なんだか安心したよ!

 

 

それ以外の変化は声とか筋肉とか体毛とかは微妙な変化もしくは全く感じられないしね

 

 

安心したと同時に、なんだか嬉しかった!!

 

思わず満面の笑みで元気に返事しちゃったよ

 

 

わかるもの同士の会話にようやく入れたというか

 

男同士(?)の喜びを共有できたなという感じ

 

 

 

こういう安心感と気持ちを共有できるって意味でも、

当事者同士のコミュニティは必要だなって思った

 

 

 

念のため言っておくが、実際に自分のモノを見せたわけじゃないからね!!

 

 

 

ゆた