タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

京都で僕の固定観念をぶっ壊してくれた人の話

今日は神戸滞在中に会った友人のことを書きたいと思う。

 

 その友人とはカフェで待ち合わせ。

六甲道にある「hug」というカフェだ。

 

 

店の雰囲気がかなり好みだ。

置いてある動物の置き物やぬいぐるみも可愛いし。

 

 

 

「マスター、ミルク1杯!」(…なんて言っているかは知らんが)

 

 

 

とりあえず早めに着いたのでゆず茶頼んでお二人が来るまでPC作業。

 

 

 

お昼近くになりnaoさんと娘の優和ちゃん(以下、ゆーわんちゃん)が来てくれた。

 

 

naoさんはゆーわんちゃんが生まれてから今は子育てに勤しんでいらっしゃるようだが、

ベジタリアンの陶芸家さんだ。

陶芸の作品を作ったり販売したり展覧会を何度か開いたりもしている。

 

 

☆naoさんのブログはこちら☆

naoのベジタリアンな陶芸の日々 - livedoor Blog(ブログ)

 

 

naoさんとは5年くらい前…震災が起きた2011年かな?

僕が芸大在学中の頃、研修旅行で京都に行ったときのこと。

 

 

特に宛もなくふらふらと京都の街中を歩き回っていたら

たまたま目に入ったレトロで雰囲気のいい工房があったので

「わーなんか面白そうー」と思って入ってみた。

 

 

いくつか面白そうな工房さんがある中で、

とある工房で動物のかわいらしい陶器を目にした。

 

 

作品に一目惚れしたのと同時に

昔ながらの日本の陶芸の概念が崩れていき、

「かわいい」だけではない強い気持ちやメッセージ性を感じた。

 

 

そこがnaoさんの工房と作品だったのだ。

 

 

僕の中で陶芸の世界って保守的なイメージが勝手にあったのだけど、

naoさんの工房は外国のオシャレな音楽をかけながらまるでカフェのような楽しい雰囲気だった。

それに僕は一応和物好きではあるのだけど、naoさんの作品は洋風でとてもオシャレなんだよね。

 

だから色々と新しい発見であったのと同時に、

「ベジ陶芸家」を名乗っていることもあってか、初めてベジタリアンのことや世界の食肉事情も知って、

もっとお話を聞きたいなと思った。

 

 

当時の僕はベジタリアンって聞いても今ひとつピンとこなかったし、

ベジ陶芸家ってどういうことなんだろうって思ったのだけど、

お話を聞いて、確かに使っている素材が動物に優しいかどうかって

少しでも気にかければ世界とか人に対してとかいろいろ違ってくるのかもしれないと思った。

 

 

食べ物じゃないから、普段陶器を使っていて、

いちいち「これは動物の素材を使っているか」なんて気にしたことないもんな。

 

 

ベジの人、意識の高い人だったら当たり前のことなんだろうけど、

ちょっとでも気にかける…それだけで救われる命があるのかもしれないし、

人に対しても優しい物ができるのだと思うと、

このことに対してきちんと知っておかないとなという気持ちになった。

 

 

そうやって興味を持ったのと同時に、

僕はそれ以来なるべくベジタリアンの食生活にするように心がけていった。

 

 

というか、ベジタリアンのレシピについていろいろ調べていたら

実験的というか意外性があるというか楽しい物が多すぎて結構ハマるんだよ。

 

 

ちなみに僕が初めて買ったベジタリアンのレシピ本。

 

izumimirunの5分でできる楽vege弁当 (みんなのレシピ) izumimirunのvege cafe ワンプレートごはん (みんなのレシピ)

 庄司いずみさんは簡単で美味しいものが多いからオススメ。

 

 

僕はやっぱり自分の信念のもとで創作活動をしてる人をかっこいいと思うようだな。

 

 

naoさんには面白いお店や面白い人も紹介して頂いたし、

それは研修旅行の時も同じで

実際そのお店に行ってみたり、ご紹介頂いた方と3人でお話する機会も設けていただいて、

3人で創作活動のあれこれについて語ったり、

僕の作品も見て頂いて、感想も頂いたりして、

京都の旅行はとっても新しい発見の連続でとても充実した思い出がある。

 

 

今回の旅に関してもそうだ。

以前紹介したクスムハラールフードなど神戸の輸入雑貨店はnaoさんのご紹介によるものだ。

 

 

そしてあれから5年経って神戸でお会いしたわけだが、

あの時に「子供を産みたい」と言っていたnaoさんが、

今では夢を叶えて一児の母となり

言霊というか夢は実現するのだなと思った。

 

 

僕も出来るだけ叶えたい夢は言葉にしてるけど、

僕にも夢が実現する日、来るかな…。

 

 

というわけで、次回へ続くのだった

 

2016.5.12

追記の記事書きました。

 

tajimanimation.hatenablog.com

 

 

ゆた