タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

体調不良で会社を休むのが「体調管理」だっての

今日はちょっと人のてんかん発作に立ち会ってしまった

 

 

まぁ当然その人の命は大丈夫だったんだけど

熱中症だと思ってビビってしまった

 

 

これをきっかけにてんかん時の対処法についても調べてみた

 

 

その時はその人の友人がいたから

救急車も呼ばなくていいと言われ、

症状もすぐに収まったし良かったのだけど、

 

これが熱中症などだったら大変だしなかなか判断がつきにくいだろうな…

 

 

もし赤の他人の発作に遭遇してしまったとして

重積発作を起こしているような時のみ救急車を呼んだほうが良いそうだ

 

 

痙攣起こしている人を目の前にしながら

その判断も落ち着いてしなきゃいけないから大変だな…

 

 

持病は仕方がないとして

自分もいつ何か起こるかわからないなって

思い知らされた出来事だった

 

 

ある日突然具合を悪くする場合もそうだし、

実際数時間前まではその人が運転する車に乗ってたわけだしね…

その時に起きていたらと思うと正直怖いし

命があってよかったなって本当に思う

 

 

僕のGIDもそうだけど、下手に隠さず周囲に認知してもらったほうが楽なこともある

特に持病がある人は周囲に話しておくことで、だいぶ楽になるのではと思う

 

 

僕もその人がてんかん持ちと知っていたら

あらかじめ発作時の処置を調べておくことができたかもしれない

 

 

 

さて、おかげさまで僕は健康体で持病などがないので

以下の内容はちょっと論点が違うかもしれないけれど

 

 

 

 

休みたくなったら休んでいいんだよ

 

 

もし自分自身が無理してるなって思ったら

それは実際身体がSOSを求めている証拠

 

 

それを無視してはいけない

 

 

残念だけどあなたがいなくても会社は動くし

 

あなたが死んでも世の中は回っていく

 

それは事実なんだ

 

 

だからこそ

自分のことは自分で体調管理をして

自分を大切にしなきゃいけない

 

 

自分のことは自分にしかわからないから

 

 

 

 

あなたが休むことで上司に怒られようが同僚から軽蔑されようが

そんなのはあなたの長く短い人生の中では

大したことではないはずだ

 

 

それにそんな無理してでも達成した仕事って

頑張った割に大した結果にならないことも多いし

逆に倒れてしまうことで周囲に迷惑をかけることにもなる

 

 

「いつもと何かが変だな」と思ったら

無理せずすぐに休むか、早退しましょう

 

 

そして十分休んだあと、

万全な状態で仕事をしたら

 

オフの日には

自分の好きなことを

おもいっきりするようにしましょう

 

 

それが「体調管理」というもの

 

 

 

 

植物はほっておいても育つ

 

植物を愛でるように自分のことも愛でよう

 

 

ゆた