タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

感情が表に出やすい人々を羨ましがる日本人

気に入らないこと

苦手なことを

顔に出やすい性格をどうにかしたいなと思うことがある。

 

 

損してるかもしれないし。

 

 

僕はほとんどの人に優しいと思うけど、

苦手だなって感じた途端、

この人なんかおかしい…て不信感を抱き始めた途端

そうなるらしい。

単なる相性の問題もあるけど。

 

 

具体的な人種としては

細かい所を逐一指摘してくる人が苦手らしい。

こちらの心理に土足で踏み込まれてる気がして。

威圧感がある人もダメみたいだ。

命令されるとムッとしてしまう。

 

 

でも人と接していて

本当に嫌いていう感情になることは意外とほぼない。

苦手はあるかもしれないけど。

 

 

だからせめて中途半端な反発心さえ抑えられたら

もっと生きやすくもなるかなと思うけど

一定のボーダーを超えて我慢できないことまで我慢し続けてしまって

それで鬱になってしまってもつまらない気もする。

 

 

こういうのって日本ではやりにくいのはわかってる。

 

 

だからその基準から逸れた芸能人や有名人が

失言をしたりちょっとミスをしたりしただけで

すぐにバッシングされてしまう風潮にあるんだろうし。

 

さらにそのやり方も皆で寄って集って個人を叩いて

なんだか陰湿な気がする。

 

皆そんなに毎日に不満をもっているんだろうな。

 

 

ちょっと話が逸れたけど

 

「和をもって尊しとなす」日本人としては

感情が表に出やすい、我が強いというのは

あまり歓迎されないんだろうね。

 

ただ、自分ができないからこそ

「羨ましい」という感情もあると思う。

 

 

というのは実は僕もあんまり自己主張激しいタイプじゃないんで。

 

 

でも内心我が強くて好き嫌いがかなりハッキリしてるから

それができる人を怖いなと思う反面

いいなぁとかズルいとか

昔から思っていたところがある。

 

 

クレーマー、非難や苦情を言う人というのは、

その出来事自体に怒っているというよりかは

きっと現状の自分に満足してないんだよ。

 

自分の話を聞いて欲しい人達。

 

自由にあるがままに生きている人のことが

羨ましくて仕方がない。

 

そんな人達。

 

 

 

一部の韓国人が日本に対して失礼な言動をしているのも

「日本を非難しないと自分が除け者にされる」という恐怖心もあると思うし、

ある意味ではその怒りは一見日本に向けられているようで

日本を全く見ていない気さえする。

(実はあまり興味が無い?)

 

逆に、もしかしたら日本という国に、

どの国よりも羨望の眼差しを向けている可能性すらある。

 

 

だからと言ってしていいことと悪いことがあるけど、

その心理さえわかっていれば

彼らの日本に対する失礼な言動を

 

「かまってちゃんな子供かよwwwしかたねーなwww」

 

くらいには思えるようになるだろう。

 

 

 

 

逆に日本人も韓国の人々を

 

「あんなに自己主張が言えて喜怒哀楽を表現できて羨ましい」

 

と思っている所はあるかもね。

 

 

だから疎ましく思ってしまうんだろう。

 

それが彼らの国民性の魅力でもあるしね。

 

 

世の中にはいろんな人種の人が居て

いろんな性格の人がいる。


 

 

僕は実はすごく気使う人だから

相手がニコニコしてても

それをされて嫌なのかそうじゃないのか

相手の本心がわからないから

実は地雷踏みまくってるんじゃないかって

不安になることもあるし。

 

だから「あいつ嫌い」とか自分の前で言っておきながら

普通に接することができる人々がどうしても解せなかった。

 

それで悩むこともあった。

 

自分も言われてるんだろうなって思っちゃうし。

 

 

だから何が正しいかなんて、誰にも決められない。

 

 

 

ただ、ちょっと性格が難しいと

自分自身で生きにくさを助長させてしまっているのかもしれない。

 

 

苦手な人にも必ず良い所はある。

 

人がなかなか気づかないそれを見つけられたら

それは自分の「才能」にもなる。

 

目をそらしたくなるような相手ほど

その人のことを見るようにしよう。

 

 

反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

 ↑読んでみたい本

 

仏様のような人ってよく言うけど、

「優しい人」のことを言うのではないのかもしれない。

 

あまり怒らない代わりに

実はすごく公平でむやみやたらに同情もしないから

ある意味クールな人なんだと思う。

 

 

後者のような仏様みたいな人が身近にいるもので。

 

そういう人は物事をフラットに客観的に見れるし

人を差別したりもしないから相談もしやすい。

 

もっと物事を公平に見れるようになったら

人から信頼される人間になれるかもな。

 

 

なかなか性格は変えられないかもしれないけど

アドラー心理学的に言えば

自分のライフスタイルは変えられるみたいだからね。

 

 

毎日毎日見るところや視点をちょっとずつ変えてみるだけで

その分ちょっとずつ成長できる。

 

 

毎日の積み重ね。

 

 

日々鍛錬だ。

 

 

ゆた