読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

第3章 ホルモン治療3回目〜腕へのお注射が痛くないわけがない!〜

ー2016年2月20日ー

 

この日は第3回目のホルモン注射を打ちに行った日。

 

てな訳でその日の様子を描くことにしよう。

 

 

 

ちなみにこちらは1回目の記事なので良かったらここから読んでね。

 

tajimanimation.hatenablog.com

 

 

第3回目のこの日は、午前中に診察を受ける予定だったのだけど、

ギリギリまで布団の中にいたいと思ってしまったので、

結果10分ほど遅れることになってしまった。

 

 

バイクだったら間に合わないこともなかったのだが、

健康上僕は歩きで行けるところは極力徒歩で行くようにしているので。

 

 

行く途中でクリニックに遅刻する旨の電話をしたのだが、

 

受付のお姉さんに

 

「気を付けて来て下さいね!」

 

と言ってもらえてなんだか申し訳なくなった。

 

やさしーーーーーーーーーーーーい!!!!

 

 

第一回目の時も遅刻ではないが、当日になって時間の変更をしてしまったし。

次回は絶対に遅刻するまい。

 

人生に与えられた自分の時間は短いんだからな!遅刻などしてる場合ではないのだ!

(と言いつつこれからもきっと遅刻しまくるのだろう…ウチナータイムに染まっている限りは。)

 

 

 

クリニックに着いた後は、ほとんど待たずに名前を呼ばれた。

 

この日は担当の先生が出張でいなくて、代わりに女の先生が変わりに問診をしてくれた。

 

 

「ホルモン注射を打ってから何かイライラしたり、寝つきが悪くなったり、

気分が悪くなったりなどといったことがありましたか?」

 

と聞かれたので、特に何も起こらなかったことを伝えた。

 

 

2回目から注射の量を250mlに増やしたけど、

そんな特別体に不調を感じなかったなぁー。

 

この調子だったら大丈夫そう!くらいに思ってたし。

 

 

そういうわけなので、問題なく3本目も打ちましょうね〜という話になった。

 

 

 

また待合室でしばらく待った後に、名前を呼ばれて、血圧を測ってもらって

 

看護師さんに

 

「低血圧ですか?」と言われた。

 

 

うん、…そうかもね。

どうやったら血圧高くなるんだろう…。

 

 

 

さて、3回目のホルモン注射を打つことになったのだが、

 

「前回は左のお尻に打ったので今回は右のお尻に打ちましょう」

 

と言われた。

 

 

しかし、僕は思い切って2回目の時に気になっていたことを聞いてみた。

 

 

2回目の様子の記事はこれ↓

tajimanimation.hatenablog.com

 

 

 

 

「これ、途中で腕に変えることはできますか?」

 

 

 

 

すると看護師さん、

 

「途中で変える人もいますよ。」

 

とのこと。

 

 

 

結構よくあることなんだね。

 

 

というわけで、物は試しということで、今回は腕に打ってもらった。

 

 

打ってもらったのは左腕。

 

 

肩の力を抜いて、リラックスした状態で上腕に針が刺さり、

そのまま数十秒液体が体の内部に入るまでの辛抱だった。

 

f:id:tajimanimation:20160221231949j:plain

 

…かなり痛かった。

 

 

打ち終わるまでの時間がだいぶ長く感じた。

 

 

でも僕としては許容範囲の痛み。

 

 

全く耐えられないわけでもない。

 

 

 

さて、次の注射の予約もまた3週間後に取ったことだし、

今回の注射も無事に終わり!

 

その日は近くのカラオケ店で、今までの鬱憤を晴らすべくシャウトしまくってきた(笑)

 

お昼は"はなまるうどん"でサラダうどんを頼んだけれど、

うどん少なめの野菜多めにしてもらったし、とっても美味かった!

 

f:id:tajimanimation:20160221232720j:plain

 

最近では余計なものを食べ歩くこともなくなったし、

これからも健康志向でいきますよ。

 

 

 

 

ちなみに翌日…朝起きてみたらちょっとだけ違和感。

 

 

…なんだか腕が痛いな。

 

 

尻の時は感じなかった痛み。

 

 

そして、心なしか…日中はややだるい感じがあった。

 

 

 

普通に外出したし、全く動けないわけじゃないけどね。

 

ホルモン打った翌日だからかな?

 

帰ってきてふと鏡を見たら、顔色がやや悪い気がした。

 

でも今は普通にブログ書けるから大丈夫なんだけどね。

 

 

 

今まで至って健康体だった分、健康上の弊害の覚悟も、ある程度はしておかないといけないな。

 

お世話になっている知人のFTMさんは全然大丈夫だったって言ってたから、その辺は人によりけりなんだろうけど。

 

 

 

てな訳で、結論としては…

 

 

 

注射を打つ場所は、尻よりは確実に腕のほうが痛い!!

 

 

 

…ただ、人によって許容できる範囲かどうかによる。

 

針が苦手って人はお尻にしてもらったほうがいいはず。

 

痛いのがどうしても嫌だったら、ちょっと恥ずかしいくらい我慢せよ!って感じかな。

 

 

そして同志達よ!!痛みと苦痛に耐えよ!!

 

それが己の生きる道だ!!

 

 

 

↑…何キャラ?

 

 

 

あ、そうだそうだ!!

 

それから体に重大な変化が現れたんだよ!!

 

もうびっくりしちまったよーーーぃ!!

 

 

 

それについては気を取り直してまた明日書きます。

 

 

ゆた