読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

気分が軽くなる魔法の言葉「だから何?」

今日はまた新しい本を読み始めた

 

反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

 

人間は何かにつけて一喜一憂したり、

自分の将来への不安や未来や、

他人へ恐怖心をもってしまうものだ

 

 

でもそれをなくしてしまおうとか、

無理やり克服しようとか、

自分の気持ちに嘘ついてまで「楽しい!」「幸せ!」なんてていう必要はない

 

 

それが人間なのだから

 

 

 

そもそも心とは、

「何かに反応してしまう」もの

 

 

そういうものなのだ

 

 

それが当然なんだ、って受け入れることが大事

 

 

なので、何か自分の心を揺るがす事態に直面した時に

 

「ちゃんとやらなきゃ」とか

 

「怒られないようにしなきゃ」とか

 

「嫌われないようにしなきゃ」とか

 

「家族に心配かけないようにしなきゃ」とか

 

そういうことばかりを考えて焦ってしまうのはかえって良くない

 

 

そうやって自分の心に制限をかけてしまったら

緊張してなおさら力が発揮できなくなってしまうし

何よりも自分が苦しい

 

 

「今自分は恐れている」

 

「今自分は将来に対して不安を感じている」

 

「今自分はあの人を苦手に感じている」

 

と、自分の心の状態を受け入れてみよう

 

 

何か行動を起こすならその先だ

 

 

逆に喜ぶべきことに対しても

 

「自分はこういう時に嬉しいと思うのだ」

 

と客観的に見つめてみるのも新しい発見があるかもしれない

 

 

 

先日電通の新卒社員さんが自殺してしまったし、

日本でも自殺者が後を絶たない

 

それなのに企業も日本もいつまでも変わろうとしない

 

それならば、自分が変わるしかない

 

 

↓その時感じたこと、自分の経験(派遣切り)について書いた記事

tajimanimation.hatenablog.com

 

正直僕だってこの件に限らず、

死にたいと思ったことは何度もあった

 

もしかしたら小学生の時からしょっちゅう思ってたかもしれない

 

性別の違和感も含めて、人生に無意味さや虚しさを感じていたところはある

 

 

確かにこの本でも述べられているブッダの言葉通り、

生きることは苦しみなのかもしれない

 

 

でも、人生悪いことばかりではない

 

 

自分の心と向き合える余裕すらなく、こき使われ、

負のスパイラルに陥ってしまう前に

 

自分の状態を把握して、

心に起きている嫌な流れを断ち切ろう

 

 

 

そして

 

「社会に認められたところで

 

 会社に認められたところで、

 

 あの人に認められたところで、

 

 自分にとっては大した問題ではない」

 

 

と思ってしまうことも大事

 

 

実際認められようが認められまいが

自分の人生において大した問題ではないはずだ

 

 

 

しかし、それでも認められたいのが人間ってもの

 

 

 

 

その場合は

 

「自分は承認欲求を満たしたいんだな」

 

と思って自分にヨシヨシしてあげること

 

 

自分には厳しくしがちなあなたでも、

心に犬や猫を飼ってると思えばいい

 

f:id:tajimanimation:20161014232707j:plain

 

その犬猫が疲れてたり苦しくて鳴いてたら

自分を甘やかしてあげることも抵抗なくできるんじゃないかな?

 

 

 

さて、最後に目の前のことが大した問題でなくなる

魔法の言葉をお教えしましょう

 

 

「だからなんなんだろう」

 

 

言霊は存在する

 

 

実際言葉にすることで自分の気が楽になるはずだ

 

 

気持ちを発散させるために人の悪口なんか言ったって

実際その人が変わるわけじゃないんだからどうしようもない

 

 

そんな暇があったらこの言葉を口癖のように使っていきたい

 

 

 

ゆた