読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タヂマキネマ

沖縄で人間の性-セイ-と性-サガ-を表現しながら古今東西をフラフラ生きてるFTMの人性劇場

コミュニケーションの基本は「お互いをOKだと思うこと」

先日、5回目のホルモン注射を打ちに行ったあとに、

GIDの交流会に行った

 

↓5回目のホルモン注射を打った時のお話(小ネタ付き)

tajimanimation.hatenablog.com

 

 

テーマはGIDのコミュニケーション」ということで、

GIDの人々が希望の性で生きていくために、

どのような態度や方法でコミュニケーションしていくのかといったお話を講師の方から聞いたり、

実際みんなでゲームしたりした

 

 

 

僕も苦手なんだよね…コミュニケーション

 

だから今回の内容は自分自身にとってとても役に立つと思ってすごく楽しみだったし、

実際有益な内容だったと思う

 

 

その中で、使えそうなもの、特に大事だと思ったものについて

数回に分けて書いていきたいと思う

 

 

まず、コミュニケーションを取る上では、

 

 

◉相手に対する自分の態度

 

 

これが大事!

 

 

というか、当然のことだよね

 

 

相手とコミュニケーションを取る上では以下の3つの態度があるという

 

  1. 私はNO、あなたはOK
  2. 私はOK、あなたはNO
  3. 私はOK、あなたはOK

 

 

僕は昔から「1.私はNO、あなたはOK」のような態度だったら人から嫌われなくても済むし、

楽だと思っていたんだけど、

 

 

それではかえってまずいらしい

 

 

あまりに遠慮しすぎていたり、卑屈すぎたりすると、

相手がかえって気を使ってしまうようだ

 

f:id:tajimanimation:20160414141423j:plain

 

 

「自分が相手を従わせてしまった」と思わせてしまい、

罪悪感に狩られるようになり、イライラすることもあるそうな

 

 

 

それから、「2.私はOK、あなたはNO」のような態度

もちろんこれもよくないね

 

f:id:tajimanimation:20160414141618j:plain

 

 

自分を否定されたらだれだって怒るし、

仕事や学校でそんな人間がいるためにストレスを抱えている人も多いのではないだろうか

 

 

僕も自分の主張を貫こうとするあまりこのような態度をとってしまうことも多々あったかと思うし、

今だって完全にそれがなくなったわけではない

 

切羽詰っている時やイライラしている時ほど相手のことを尊重するようにしよう

 

 

 

 

それでは、一体何がコミュニケーションをきちんと取れることができて、

人間関係を有効で円滑なものにできるのか

 

それは…

 

「3.私はOK、あなたはOK

 

 

この姿勢でコミュニケーションを取っていくことが大切

 

f:id:tajimanimation:20160414142642j:plain

 

 

自分自身を一人間の意見として肯定したうえで、

敬意を込めて相手の話を聞くことなんだよね

 

 

 

でも日本の今の教育だと

 

「1.私はNO、あなたはOK

 

これが美徳みたいに思われがち

 

 

 

そうやって間違ったコミュニケーション術を身につけてしまった人が増えれば、

人とコミュニケーションが取りにくくてより生きにくくなってしまうはず

 

 

皆がお互いをフラットに、でも言うべき時は言う

 

そんなコミュニケーションだったら、お互いが納得して話を進められるのではと思う

 

 

 

皆さんはこんな経験ありませんか?

 

 

 

 

人様から自分の子供を褒めて頂いた時に、

人から嫌われまいと「いえいえうちの子なんて…」否定することはありませんか?

 

 

自分のことも褒めて頂いた時に、

謙遜だと思って自分のことも下げていませんか?

 

 

でも、それらは皆コミュニケーションのうえでも、自己肯定の意味でも…

 

 

「悪」なんだよね

 

 

自身を卑下するのと謙虚さは全くの別物

 

 

後者は美しいが、前者は実は醜い行為

 

 

今すぐやめましょう

 

では、どのようなことを言えばいいかというと、

相手の言ったことが以下の様な場合だったらこのようなことを言えばいいと思う

 

  • 肯定的な内容

     →その気持を受け取って「ありがとう」と伝える

     →違う考えであれば自分の考えを伝える

     

  • 否定的な内容

     →アドバイス的なものであれば同じように「ありがとう」

     →違う考えであれば自分の考えを伝える

     →どうしようもない苦情や文句であれば、適当に聞き流す

 

 

ただ、否定的な内容で、もしどうしても相手の態度や言葉に耐えられないというのであれば、

「無視」も種類としては2には当たるのかもだけどありえるかなー

 

もうそうなったらもうコミュニケーションではなく、「自己防衛」に徹しないといけないしな

 

 

でも、そうでないかぎりはお互いをOKと思って接していきたい

 

 

自分の置かれている状況によってはそれが難しく感じることもあると思うけど、

意識して実践していきたいよね

 

 

ゆた